メインイメージ

乳酸菌で便秘を解消する事は出来るようになっていますか?

乳酸菌とは、小腸に存在し、免疫力を高める善玉菌を増やす働きを持っています。
ヨーグルトや漬物などの発酵食品などに含まれているのをご存知でしょうか?

これは、私たちの健康の維持や増進に大きく関わっています。
乳酸菌のもっとも大きな働きの一つ、それは、腸内バランスを整える働きです。

みなさんもご存じのように、整腸作用、便秘の症状改善には、乳酸菌をたくさん摂取すると良いと言われます。
乳酸菌が働くと、善玉菌が増加するのです。
この善玉菌が、腸内環境を綺麗にしてくれている張本人。

主な悪玉菌のはたらきは、

・腸のぜん動運動をさかんにし、便秘を予防
・免疫力を高め、抵抗力をつける
・腸内を酸性にして、アンモニアなどの有害物質や菌の増殖を防ぐ
・病原菌の侵入予防

などが一般的です。
どれも、病気の予防には欠かせないものばかりですね。

大切なことは、この善玉菌を腸内に一定量とどめておくこと。
乳酸菌の性質から、胃酸などの酸や温度で、腸まで行き届かずに死滅してしまうものがほとんど。
生きたまま腸内に届かなければ、どんなに摂取しても、意味がないのです。
そうしなければ、便秘が起きてしまいますよね。

特に乳酸菌の中でも、「ビフィズス菌」と呼ばれる菌は、酸に強く腸内にも比較的定着してくれる菌なので、腸内まで生きたまま届くと言われます。
そして、善玉菌の増殖を助けてくれる、とても強い乳酸菌なのです。
これらを摂取することで、整腸作用が高まり、便の排出がスムーズになるという仕組みです。

便秘に良いとされる「食物繊維」は、この乳酸菌を増殖させてくれる効果があるのです。
食物繊維は大腸の働きを活発にし、お腹の掃除に良く聞くと言われ、消化吸収後の食べ物のカスを排泄してくれますよね。
野菜を取りましょう、と幼いころから学校でも教えられてきたと思いますが、その根拠ここにあるのです。

便秘解消だけでなく、便秘になりにくい体にしてくれるのも特徴の一つ。
いいことばかりですね。
乳酸菌には種類がありますので、自分に合った乳酸菌を見つけて 毎日スッキリ、余分な毒素を排出して美しい腸内を保ちましょう!

便秘にはセサミンも効果的です。
セサミンは他にも更年期障害の緩和やがん予防など、健康に良い効果がたくさんありますので、一度試してみてください。