メインイメージ

母乳を飲む赤ちゃんは乳酸菌を摂取しているとはどのような仕組みになっているの?

乳酸菌は、積極的に摂取したい腸内環境を整える作用のある菌の総称です。
みなさんも、便秘風邪予防に、腸内を綺麗にする努力、なさっているのではないでしょうか?

というのも、食材を口から摂取すると、腸に到達して便が作られます。
その時点で、腸内にはあらゆる細菌が存在し、溜めておけば有害な物質に代わっていくのです。
一刻も早く外に出したいですよね。

ビフィズス菌が含まれるヨーグルトを毎日たべると良いのは、そのためです。
ビフィズス菌などの乳酸菌には、腸内の環境整備をしてくれる善玉菌と、それに対抗する悪玉菌のバランスを整えてくれる働きがあるのです。
多くの食材を毎日食べている大人は、乳酸菌を増やすこと、特にこのバランスがとても大事になっています。

実は、母乳を飲んでいる赤ちゃんは、乳酸菌が優勢なのです。
母乳には、ビフィズス菌などの、善玉菌のエサとなって善玉菌が増える仕組みになっているのです。
このとき、母乳はまず悪玉菌のエサにはなりません。
つまり、赤ちゃんは、母乳を飲んでいるだけで、他に乳酸菌を取らなくても良いのです。

一方、人工乳で育っている赤ちゃんはどうでしょうか。
研究では、母乳で育っている赤ちゃんと比べて、人口乳で育っている赤ちゃんの腸内にはは悪玉菌が10倍多く存在することが明らかになっています。
店頭に並んでいる粉ミルクが、母乳の成分と同じという宣伝しているのはこのためです。

ちなみに、乳児期の腸内は、90%以上がビフィズス菌でできているとも言われます。
でも、離乳期になって、大人と同じ物を徐々に口に運ぶようになると、もちろん細菌が増えていきます。
食事によって、腸内環境はかなり変化していくわけです。

赤ちゃんの成長の過程でも、風邪を引きやすくなったり病気の抵抗に関わる腸内の免疫力。
腸内を綺麗な状態を長く維持するために、赤ちゃんの頃から善玉菌と悪玉菌のバランスは整えておく必要があります。

乳酸菌恐るべし!
赤ちゃんには母乳が一番良いと言われる理由も、納得ですね。

赤ちゃんにあげるミルクには、塩素などが含まれている水道水は使わないほうがいいでしょう。
おすすめはウォーターサーバーhttp://xn--gckg0b0b8evmbbb4571m14od.biz/の水です。
これなら、安心して赤ちゃんにミルクをあげることができますね。

ところでみなさんはサプリメントはわたしたち人間だけでなく、ペット用もあることをご存知ですか?
ペット用サプリメントはいろいろな成分のものがありますが、その一つにペット用乳酸菌サプリメントがあります。
乳酸菌はペットたちにも良いので、是非あげてみてはいかがですか?
おなかにやさしい乳酸菌こちらの記事も是非ご覧ください。