メインイメージ

乳酸菌を摂取すると病気にかかりにくいって言うけど、どうして?

病気になったとき、病院から抗生物質や薬が処方されますよね。
抗生物質や薬によって、病原菌に耐性ができ、菌の働きが弱っていきます。

近年、病気になって治療をするよりも、あらかじめ病気を予防することが重要視され、予防医学に関心が高まってきています。
腸が体のすべてと言われるように、腸を改善することが、健康な体のためにもっとも大事だと言われます。

特に、腸内で乳酸菌「善玉菌」増やすことが、健康にとって大切です。
年齢を重ねていくと、乳酸菌が腸内から減少していく傾向があるようです。

乳酸菌の働きとしては、

①病原菌から防衛
②腸内の腐敗を抑制
③ビタミンを生成、免疫力の向上

などがあります。
これらの維持につとめることによって、病気になりにくい体質をつくることができます。

ヨーグルトなどの乳酸菌を摂取すると、数時間後に便通があるでしょう。
それは、余分な菌の死骸や食べ物のかすが、善玉菌のはたらきによって体外に排出され、きれいな腸が保たれている証拠です。

善玉菌は、プロバイオティクスという乳酸菌の摂取によって増殖することができます。
これによって整腸作用が促されると、先述したように病原菌やウィルスの侵入を高め、悪玉菌を減らしてくれます。
悪玉菌は、優勢になると発がん性物質や有害細胞を育ててしまうので、病気の原因となっているのです。

この、悪玉菌を減らしてくれるのが、まさに乳酸菌!

最近話題になっているヨーグルトによる花粉症予防。
これは、腸内の環境を整えることで免疫を高めることが、花粉症の緩和につながっているようです。
また、悪玉菌が産生する悪性の細胞や細菌が繁殖するのを防ぐ働きから、病気になりにくい身体の体質が出来上がります。

それ以外にも、腸内環境を整えることで腸閉そくの防止、風邪やインフルエンザの予防など、病気の予防に多大なる効果も期待できます。
さらには、口臭や歯周病の原因であるジンジバリス菌を死滅させてくれる効果も。
日常が気持ち良く送れる、いいことばかりですね。

乳酸菌を摂取して、腸内から綺麗な体を目指しましょう。

病気にはローヤルゼリーhttp://xn--u9jtilezadk9he8488ea0399cuw9c.com/も効果的です。
ローヤルゼリーに含まれる健康に良い60種類以上の栄養成分が、病気にかかりにくい身体にしてくれます。