メインイメージ

乳酸菌とオリゴ糖はどのような関係がありますか?

オリゴ糖は、ビフィズス菌を増やすと言われており、お腹の調子を整えるものです。
善玉菌のエサとなり、エサを与えられた善玉菌は有害最近やバクテリアの増殖を抑制し、腸の機能アップに貢献します。
オリゴ糖は、乳酸菌と一緒に摂取されることによって善玉菌を増やし、効率的に身体の健康につなげてくれることが知られています。

オリゴ糖はどんな食べ物に含まれるのでしょうか?
一般的には、納豆や、ネギやアスパラガス、玉ねぎ、ゴボウなどの野菜やバナナなどの果物に含まれています。

ビフィズス菌が腸に届く前に胃酸でほとんど死滅してしまうことはよく知られています。
そのため、より多くのビフィズスを要するのです。
そこで活躍するのがオリゴ糖なのです。

実は、ビフィズス菌は、オリゴ糖をエサとして増殖するので、オリゴ糖がないと生きていけません。
大腸菌などの悪玉菌は、腸内発生した分泌物や、口内から腸に運ばれた食べ物をエサとして、強力な生命力を持っていますが、一方でビフィズス菌は、乳酸菌や食物繊維、炭水化物などの共に増えてくれる仲間や、オリゴ糖のようなエサとなってくれるものが不十分だと、減少の一途をたどってしまいます。
こうなってしまうと、風邪をひきやすくなったり、便秘がちになって、ゆくゆくは体調に異変が起きます。

そんなときは、オリゴ糖を取ってビフィズス菌を増やしてあげましょう。
オリゴ糖は、野菜から十分摂ることができますので、特に製品に加工することもなく、普段の食事を改善するだけでOK。
オリゴ糖が含まれている食材を積極的にとるだけです。

悪玉菌が作り出す有害細菌の増殖を抑え、もはや腸内の免疫機能向上に貢献する乳酸菌のサポート役。
こうした効果が注目されるようになったせいか、最近のサプリメントには、オリゴ糖を配合しているものが多く見受けられるようになりました。
最近では、乳酸菌と一緒に取ると効果的な成分が、一度に同時摂取できるサプリも開発されています。

効果的に働いてもらうために一日に必要な乳酸菌の量は、たとえばヨーグルトであれば、一日に最低500ml程度食べる必要があります。
しかも摂取した乳酸菌は、一週間以内にで体外へ排出されるため、食べつづけなければなりません。
そのため、手軽にとれるサプリメントの併用は、有効かもしれません。

腸の中に、健康の基本となる成分をたくさん住まわせ、元気な毎日をおくれたら気持ちがいいですね!
元気な毎日にはこちらのコエンザイムQ10http://coq10-supplement.com/もおすすめです。