メインイメージ

悪玉菌が体に及ぼす影響って一般的にどのような物があるの?

善玉菌と悪玉菌という二つの菌を聞いたことはあるでしょうか?
これらの菌は、腸内で生きており、皆さんの腸内で両者がバランスを取ることによって有害物質の排泄や免疫力の調整に役だってくれています。

善玉菌は、免疫を高めたり、抗炎症作用やウィルスの侵入防衛など、有難い働きをしてくれるもの。
一方で、悪玉菌は、大腸がんの発生など手伝ってしまう悪性の菌で、ストレスや偏食によって増え、善玉菌の働きを抑制してしまいます。
腸内でこれらの菌のバランスが取れていると、余分な便の腐敗やがん細胞や細菌繁殖も起きないのですが、放っておくと善玉菌が激減し、悪玉菌の仕業によって免疫力の維持ができず、病気になりやすくなります。

悪玉菌は、腸内で増殖し、強力に住み着いている菌です。
ストレスや不規則な食生活、肉類などの食べ過ぎ、暴飲暴食などは、悪玉菌のエサとなり、腸内に有害な物質を溜めこみます。
これが、恐ろしいことに、発がん細胞に変わったり、悪性の細胞となったりするのですから、あなどれません。

悪玉菌は、胃酸の分泌や、腸のぜん動運動が悪くなることによって、さらに活発になる特性があります。
そうなれば、しつこい便秘を起こすだけでなく、腸内にたまった細胞やバクテリアの死骸や食べかすから出る有害物質をなかなか体外に排出することができません。
どんどん悪玉菌が増えてしまっては、病気になってしまいます。

悪玉菌を減らすには、乳酸菌を摂取する以外に、食生活の改善が必要です。
そのために、善玉菌の増殖を意識的にしていなければならないのです。

また、悪玉菌によって腸内環境が整わないと、肌にも大きな影響があります。
腸の状態は、肌の状態を言われるように、腸内環境をきれいに保っていると、肌の水分と栄養がバランスよく保たれ、肌細胞の活性化にもつながります。
しかし、悪玉菌が腸内を制御していたらどうでしょう。
善玉菌は血液やリンパの流れを促す効果もあることから、善玉菌がなくなってしまえば身体全体の流れが悪くなり、肌の細胞も元気を失ってしまいます。

このように、腸内のバランスひとつで、病気や風邪といった健康問題から、普段の体質改善、肌の状態まで関わってくるんですね。
腸内環境を常に保っていられるように、善玉菌を増やし、悪玉菌が優勢とならないようにすることが大切です。

乳酸菌ひとつで、体内に良いバランスが戻ってくるのですから、風邪をひきやすい人、肌が気になる人は、今日から乳酸菌の摂取を始めてみることをおすすめします。

プラセンタhttp://xn--1cki4e8c6b5622anre5qaa3854cbf5apx3a.com/index.htmlも美肌効果があり、ハリのあるみずみずしい肌に戻してくれるのでおすすめです。