メインイメージ

乳酸菌は一般的にどのようにして摂取するの?

乳酸菌を摂る方法として、最も一般的なのはヨーグルトを食べることでしょう。
摂取された乳酸菌と、既に体内に生息している乳酸菌の種類は基本的には異なり、働きも別のものです。
そのため、常に新しく摂取していなければ、体内のバランスが保たれないようになっているのです。
こうしたことから、日常的に最も手軽に摂取できるのが動物性乳酸菌であるヨーグルトと言われているのかもしれませんね。

でも、他にも摂取方法はいくつかあります。
植物性乳酸菌と言われる味噌や醤油、納豆などの大豆の発酵食品、酵母パンやお茶の葉などにも、多くの乳酸菌が含まれており、腸内環境の整備のために良い仕事をしてくれています。
日本食材には、腸の健康に欠かせない調味料などがたくさんあるので、こうしたものが使われた食事を心がけることがおすすめです。

また、サプリなど錠剤などで乳酸菌を摂取する方法があります。
今やたくさんの健康補助食品が販売されています。
これらは錠剤で出来ており、そのままでも飲めますし、水や白湯で飲むのが一般的です。

ここでのポイントが、一緒に飲む水について。
多くの乳酸菌が増殖しやすい温度は、腸内の温度とほぼ同じとされる36度~37度ほど。
冷たいお水は避けましょう。
水自体が体温低下につながるため、乳酸菌が最大限に生きてくれません。

逆に、高すぎても、乳酸菌は熱に弱いために、死滅してしまう原因となります。
もっとも最適な温度としては、常温水か、ぬるま湯(白湯)です。
牛乳や豆乳は、乳酸菌のエサとなってくれるのでもっとも相性のいい飲み合わせです。

エサとしては、オリゴ糖も数グラム一緒に摂取すると、相乗効果があるようです。
そのため、サプリメントによっては、オリゴ糖が含まれているのもありますよ。

また、美肌に効果的な摂り方というのもあるんです。
ヨーグルトには、美肌効果を内側からもらたす力も持っているんです。

美肌に効果のあると言われるビタミンB2やビタミンAなども、ヨーグルトには含まれているのですが、肝心のビタミンCがヨーグルトには欠けているんですね。
ですので、ここでフルーツと一緒に摂取することが効果的です。
フルーツ入りヨーグルトなんかは、その要素を満たしていますね。

また、乳酸菌の効果的な摂り方についてですが、摂取時間に良いとされるタイミングは特にありません。
生きたまま腸に届けることが大事なことは前提なので、胃酸の影響を受けにくい食後2~3時間後くらいか、寝る前がいいとされる説もあります。
それが、腸内で最大の効果を発揮するという事実は研究でもまだわかっていないのですが、酸にとても弱い特性を考えると、胃酸の分泌される空腹時を避けるのが無難でしょう。

このように、乳酸菌の摂取方法は様々です。
食べ物と密接にかかわっている乳酸菌なので、食事の改善と共に、積極的に摂取してみましょう。

最近疲れが取れにくいという方は、高麗人参を試してみてはいかがでしょうか。
その他の効果には、血行促進やアンチエイジングなど若さを保つのに必要な効果がたくさん詰まっています。
おすすめの高麗人参ランキングはこちらをご覧になってみてください。