メインイメージ

乳酸菌を摂取すると風邪を引きにくくなるのはどうして?

最近、なんとなく風邪をひきやすい…それは、腸内環境のバランスが崩れているサインかもしれません。
腸環境のバランスがとれなくなると、体の免疫力が低下しているということをご存知でしょうか。

そんなときに乳酸菌の力を借りてみてはどうでしょう。
乳酸菌が免疫力をアップしてくれることはすでに知られている通り、風邪の予防に一役買ってくれるものなんです。

腸内には、100兆個もの細菌が住んでいるといわれています。
これらの腸内細菌は、「善玉菌」と「悪玉菌」に分かれていますが、これら二つの菌のバランスが、免疫機能に影響を与えているのです。
もし腸内でわるさをする悪玉菌が増殖した場合、体内の免疫がうまく機能しなくなり、細菌やウイルスの侵入がしやすくなってしまいます。
その結果、人は病気や風邪となってしまうのです。

私たちは、その免疫機能を高めることで風邪を予防できます。
免疫機能を保ち高めるには、腸内の善玉菌を、悪玉菌よりも優位にさせることが必要です。

そこで、注目すべきは「乳酸菌」。
乳酸菌とは、善玉菌の一種。
乳酸菌が増えると、悪玉菌のはたらきが抑えられ、腸内環境が整い、免疫機能が高まります。
それによって、体内に細菌やウィルスや入り込んでも、耐えうる体になるのです。

とにかく風邪には免疫機能の向上がカギ!
乳酸菌は、腸内で善玉菌を繁殖させてくれるので、腸内を病気にかかりにくい環境に変えてくれる、とっても仕事のできる菌なのです。
もし風邪や病気にかかってしまっても、乳酸菌は病気の抑制だけでなく、細胞を攻撃してくれるので、免疫力を回復させ健康な体へ戻してくれるんですよ。

また、乳酸菌は、対症療法的な役割ではなく、病気にかかりにくい身体、つまり、「体質改善」をしてくれるのです。
そのため、普段から乳酸菌を食品から摂取するように心がけていると、風邪もひきにくく、ちょっとやそこらの細菌が侵入しても抵抗しうる体になるでしょう。

また、大切なのは、風邪やインフルエンザが流行する時期のみでなく、一年を通して日常的に乳酸菌を摂取するのがポイント。
今では、個人の味の好みなどにも対応しうるくらいの、様々なヨーグルトやサプリメントも販売されていますよ!

風邪をひきやすいと感じている方は、普段の生活から、乳酸菌を腸内に取り入れてみてはいかがでしょうか。
風邪がひきやすい原因の一つとして、体力の低下も考えられます。
そんなときは、こちらのすっぽんhttp://xn--88jua2f2d449ra2458acp5b.com/で体力をつけるのがいいでしょう。